みやびの爽臭サプリ 体臭チェック 女性

体臭 予防 汗

 

汗などで自分の臭いが気になる人は沢山いらっしゃると思います。この記事では、体臭予防について調べてみました。

 

1.体の内側からの体臭予防

 

体臭予防で最初に思い浮かぶのは体をきれいにすることかもしれませんが、体自体から出てくる体臭を臭わなくすることは、最も好ましい予防になります。

 

そのためまずは食べ物に注意することが有効です。
体臭の原因になりやすい食べ物は以下のものがあります。

 

極端な辛さの食べ物
強い匂いのする食べ物
乳製品や動物性タンパク質
脂っこい食品
などなど。

 

次に体臭予防になる食べ物を紹介します。

 

緑黄色野菜
ビタミンE(植物油、小麦麦芽、種実類など)
ビタミンB2(レバー、たらこ、うなぎ、納豆など)
ビタミンA(人参、南瓜、海藻類、パセリなど)
腸内を中和させるもの(食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖)
純ココア
大量の水
緑茶や黒酢

 

2.生活習慣の改善

 

悪い生活習慣は、悪いものをためやすくなるため体臭の原因となります。
生活習慣の改善をするだけでも、体臭予防に大きな効果を発揮するので下記のことをお試しください。

 

ストレスを避ける
適度な睡眠
適度な運動で汗をかく
禁酒と禁煙
石鹸を使いボディソープは使わない(ナイロン製のボディタオルはNGです)
1日で何回も体を過剰に洗わないこと(かえって体臭が強くなるリスクがあります)

 

3.お風呂での体臭予防の方法

 

寝ている間に人は寝汗と呼ばれる大量の汗をかきます。
この寝汗によって、自分の体や寝具やパジャマが臭くなります。

 

ですので、お時間のある方は朝シャワーをするのがオススメです。

 

シャワーを浴びる時間がない!という場合は、「デオドラントシート」を使うことで、皮脂よごれやイヤな臭いもしっかり落とすことができるのでおすすめです。

 

またお風呂には最低でも5分以上は浸かって欲しいところです。
5分以上浸かることによって、体臭の原因である「悪い汗」を落とすことができ体臭を予防できます。

 

「10分間くらい湯船に浸かると80%の汚れは落ちていく」とコメントしたのは、あのタモリさんですが、それほどに湯船に浸かるということは体臭予防に良いことがわかるでしょう。

 

しっかりと湯船に浸かって皮膚が柔らかくなってきた後に、力を入れすげてゴシゴシしてしまうと、皮膚組織がダメージを受けてしまいます。その結果皮膚が「黒くザラザラ」となってしまうので要注意です。

 

ナイロンの垢すりタオルを使うのは控えて、できる限り柔らかい素材のものを使うようにしましょう。